鼻水.COM
 トップページ > 鼻の特集 > 日常生活に潜む嗅覚障害 サイトマップ
サイトより皆様へ
鼻の症状

 ・鼻水が止まらない 
 ・くしゃみが出る

 ・鼻水が喉(のど)を流れる
 ・鼻詰まり
 ・鼻血が出る
 ・鼻が痛い
 ・鼻が乾く
 ・においがわからない[嗅覚障害]

鼻の病気
 ・鼻炎
 ・アレルギー性鼻炎[鼻過敏症]
 ・急性副鼻腔炎
 ・慢性副鼻腔炎
 ・鼻茸(はなたけ)
 ・鼻中隔彎曲症
 ・鼻出血
 ・鼻の湿疹・おでき
 ・嗅覚障害
 ・鼻の腫瘍(しゅよう)
 ・花粉症
 ・蓄膿(ちくのう)症
鼻の病気
 ・副鼻腔炎
 ・鼻出血(鼻血)
鼻の基礎知識
 ・鼻の仕組み・働き
 ・鼻の検査
 ・鼻の中の形と役割
鼻の特集
 ・日常生活に潜む嗅覚障害
鼻のマメ知識
 ・鼻が悪くなると目も悪くなる?
 ・膿の袋が眼(視神経)を圧迫!?
 ・咳や痰多い時は鼻が原因!?
 ・その集中力の低下、鼻が原因!?
コラム
 ・鼻毛のはなし・鼻毛の殿様
 ・花粉症のセルフケア7つの方法
 ・親父臭の原因・体臭成分
 ・フェロモンとホルモン
耳鼻咽喉科の基礎知識
 ・喉(のど)の仕組み・働き
 ・喉(のど)の検査
 ・食べ物、空気と声の喉の別れ方
 ・喉頭全摘後のリハビリ
 ・音声検査・音響検査

日常生活に潜む嗅覚障害A

- 鼻の特集


原因の究明が重要

 ここで重要な事は、嗅覚障害の原因が本当に風邪によるものなのかどうか、きちんと見極める必要があるということです。風邪が原因と諦めていた患者さんが、実際には副鼻腔炎(いわゆる蓄膿症)によるものとわかり、治療によってたちどころに治ったこともあります。鼻の中は自分ではみることができませんし、嗅神経のある嗅粘膜は、専門医でも診察が難しいところです。嗅覚障害に対して見識の深い耳鼻咽喉科医にご相談されることが大切です。

鼻水

20年近くニオイがわからずだが、諦めがつかない…

原因はいろいろだが・・・

 ニオイがわからなくなる原因は数多くあり、原因によって治りやすさも違ってきます。
 最も多いのは、副鼻腔炎(いわゆる蓄膿症)によるもので、この場合は、内服薬によって治ることもあり、それで治らなくても手術を行って治す場合と合わせると8割近い患者さんが治ります。それに対して、顔面や頭部のケガによって起こる嗅覚障害は治りにくいと言われています。特に頭の前や後ろを前後方向にぶつけた場合にニオイの障害が起こりやすく、けがをして入院中は気づかなかったのに、退院してきてニオイがわからなくなってきていることに気づく方もしばしばおられます。

≫「蓄膿(ちくのう)症@概要と原因」へ

 原因として2番目に多い風邪による嗅覚障害では、3分の2の方はある程度の改善が期待できます。それに対して、加齢変化すなわち老化現象が原因で起こる嗅覚障害は残念ながら現代の医学では治しようがありません。ただし、嗅覚障害の原因が老化現象によるものと診断を下すことは決して容易ではありません。また、ある種の抗ガン剤の副作用として、嗅覚障害が生じることもありますし、嗅覚障害の検査で脳腫瘍(のうしゅよう)が発見されることもあります。最近ではアルツハイマー病やパーキンソン病あるいは血管性痴呆症(ちほうしょう)の初期症状の一つとして嗅覚障害が指摘されています。

≫「嗅覚障害@主な種類・症状」へ

 

◇「嗅覚(きゅうかく)障害」に関連する記事一覧◇

鼻水

◆他に役に立つおススメ記事◆

★鼻の基礎知識★
 ・鼻の仕組み・働き
 ・鼻の検査
 ・鼻の中の形と役割
 ・鼻炎
 ・アレルギー性鼻炎[鼻過敏症]
★サイト内で読まれている記事★
 ・鼻水が止まらない
 ・くしゃみが出る

 ・鼻水が喉(のど)を流れる
 ・鼻詰まり


RSS

喉痛.COM
風邪・喘息などの各病状対策や喉(のど)の気になる症状の対策まとめサイト
nodoita.com

自宅介護.COM
自宅(在宅)介護を楽にするコツを情報まとめサイト
zitakukaigo.com

喘息.COM
風邪(かぜ)・喘息(ぜんそく)などの各病状対策や喘息の気になる症状の対策まとめサイト
nodoita.com/zensoku

歯が痛い.COM
虫歯・歯周病などの各対策や歯が痛い時の対策など情報まとめサイト
hagaita.com
本サイトのご利用について
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・