鼻水.COM
 トップページ > 鼻の特集 > 日常生活に潜む嗅覚障害 サイトマップ
サイトより皆様へ
鼻の症状

 ・鼻水が止まらない 
 ・くしゃみが出る

 ・鼻水が喉(のど)を流れる
 ・鼻詰まり
 ・鼻血が出る
 ・鼻が痛い
 ・鼻が乾く
 ・においがわからない[嗅覚障害]

鼻の病気
 ・鼻炎
 ・アレルギー性鼻炎[鼻過敏症]
 ・急性副鼻腔炎
 ・慢性副鼻腔炎
 ・鼻茸(はなたけ)
 ・鼻中隔彎曲症
 ・鼻出血
 ・鼻の湿疹・おでき
 ・嗅覚障害
 ・鼻の腫瘍(しゅよう)
 ・花粉症
 ・蓄膿(ちくのう)症
鼻の病気
 ・副鼻腔炎
 ・鼻出血(鼻血)
鼻の基礎知識
 ・鼻の仕組み・働き
 ・鼻の検査
 ・鼻の中の形と役割
鼻の特集
 ・日常生活に潜む嗅覚障害
鼻のマメ知識
 ・鼻が悪くなると目も悪くなる?
 ・膿の袋が眼(視神経)を圧迫!?
 ・咳や痰多い時は鼻が原因!?
 ・その集中力の低下、鼻が原因!?
コラム
 ・鼻毛のはなし・鼻毛の殿様
 ・花粉症のセルフケア7つの方法
 ・親父臭の原因・体臭成分
 ・フェロモンとホルモン
耳鼻咽喉科の基礎知識
 ・喉(のど)の仕組み・働き
 ・喉(のど)の検査
 ・食べ物、空気と声の喉の別れ方
 ・喉頭全摘後のリハビリ
 ・音声検査・音響検査

日常生活に潜む嗅覚障害@

- 鼻の特集


風邪を引いて高熱の後、匂いがしなくなったが…、これって回復するの??

再生する嗅細胞

 ニオイを感知する神経細胞(嗅細胞:きゅうさいぼう)は鼻の奥のうえの粘膜にあり、両方の鼻で数千万個の嗅細胞がわずか5平方cmほど(10円玉1枚の面積)の粘膜の中にびっしりとつまっています。この嗅細胞の先端から生えている線毛にニオイ物質がくっつくと、細胞の中で電気変化が起こり、刺激が脳に伝わってニオイを感じます。
一般に人間の神経細胞は、いったん傷害を受けて傷つくと再生しないと言われていますが、嗅細胞は特殊な細胞で再生することが知られています。犬や猫などの動物にとって、ニオイは生きていくために必要不可欠の感覚であるにも関わらず、常に外気にさらされているためにこのような変わった仕組みが必要になったものと思われます。人間でも動物ほどではないにしろ、嗅細胞は再生すると言われていますので、傷ついた嗅細胞も再生する可能性が考えられます。

半数以上の患者さんが回復

 風邪をひいて鼻がつまると、ニオイがしなくなります。このようなことは誰もが経験することで、風邪が治るとニオイも元に戻ります。鼻をつまんでいる状態と同じです。ところが、風邪が治って時間がたってもニオイが戻らないと言って、医師の外来を受診される患者さんがいます。これはニオイを感知する神経細胞(嗅細胞)が風邪の影響で傷害を受けたために起こるものです。嗅覚障害の原因の中で、副鼻腔炎(ふくびくうえん)、つまりは蓄膿症に次いで、2番目に多く認められます。

高熱後の嗅覚障害の治療法

 治療法としては、神経の機能を高めるビタミン剤や脳循環改善剤の内服、ステロイドホルモンの点鼻療法が行われていますが、特効薬と呼べる薬や治療法はまだありません。それでもおよそ3分の1の患者さんは完全に治らないまでもある程度回復します。ただし、嗅細胞の再生には動物でも1カ月以上はかかりますので、人間ではもっと気長に待たなければなりません。

 

◇「嗅覚(きゅうかく)障害」に関連する記事一覧◇

鼻水

◆他に役に立つおススメ記事◆

★鼻の基礎知識★
 ・鼻の仕組み・働き
 ・鼻の検査
 ・鼻の中の形と役割
 ・鼻炎
 ・アレルギー性鼻炎[鼻過敏症]
★サイト内で読まれている記事★
 ・鼻水が止まらない
 ・くしゃみが出る

 ・鼻水が喉(のど)を流れる
 ・鼻詰まり


RSS

喉痛.COM
風邪・喘息などの各病状対策や喉(のど)の気になる症状の対策まとめサイト
nodoita.com

自宅介護.COM
自宅(在宅)介護を楽にするコツを情報まとめサイト
zitakukaigo.com

喘息.COM
風邪(かぜ)・喘息(ぜんそく)などの各病状対策や喘息の気になる症状の対策まとめサイト
nodoita.com/zensoku

歯が痛い.COM
虫歯・歯周病などの各対策や歯が痛い時の対策など情報まとめサイト
hagaita.com
本サイトのご利用について
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・