鼻水.COM
 トップページ > 鼻のマメ知識 > 咳や痰多いときは鼻が原因かも!? サイトマップ
サイトより皆様へ
鼻の症状

 ・鼻水が止まらない 
 ・くしゃみが出る

 ・鼻水が喉(のど)を流れる
 ・鼻詰まり
 ・鼻血が出る
 ・鼻が痛い
 ・鼻が乾く
 ・においがわからない[嗅覚障害]

鼻の病気
 ・鼻炎
 ・アレルギー性鼻炎[鼻過敏症]
 ・急性副鼻腔炎
 ・慢性副鼻腔炎
 ・鼻茸(はなたけ)
 ・鼻中隔彎曲症
 ・鼻出血
 ・鼻の湿疹・おでき
 ・嗅覚障害
 ・鼻の腫瘍(しゅよう)
 ・花粉症
 ・蓄膿(ちくのう)症
鼻の病気
 ・副鼻腔炎
 ・鼻出血(鼻血)
鼻の基礎知識
 ・鼻の仕組み・働き
 ・鼻の検査
 ・鼻の中の形と役割
鼻の特集
 ・日常生活に潜む嗅覚障害
鼻のマメ知識
 ・鼻が悪くなると目も悪くなる?
 ・膿の袋が眼(視神経)を圧迫!?
 ・咳や痰多い時は鼻が原因!?
 ・その集中力の低下、鼻が原因!?
コラム
 ・鼻毛のはなし・鼻毛の殿様
 ・花粉症のセルフケア7つの方法
 ・親父臭の原因・体臭成分
 ・フェロモンとホルモン
耳鼻咽喉科の基礎知識
 ・喉(のど)の仕組み・働き
 ・喉(のど)の検査
 ・食べ物、空気と声の喉の別れ方
 ・喉頭全摘後のリハビリ
 ・音声検査・音響検査

咳や痰多いときは鼻が原因かも!?

- 鼻のマメ知識

鼻水耳鼻科

鼻が悪いと気管支も悪い

 鼻(鼻腔)や副鼻腔(鼻の脇の骨の中の空洞になったところ)は耳鼻咽喉科(じびいんこうか)、気管支は内科と一見離れているわけですが、「鼻が悪いと気管支も悪い」ことがあり、それもかなりの割合で起きることがわかってきました。一般的に慢性気管支炎の患者さんの少なくとも半分に副鼻腔炎があり、副鼻腔炎患者さんの約10%に気管支炎があると言われています。

鼻水


 ハナ(鼻漏:びろう)が出る・ハナ(鼻漏)がノドへ下がる・鼻がつまるなどの症状があり、なおかつ咳(せき)や痰(たん)が2年以上も前からあるような方は黄色信号です。
 最近では、この病気を「副鼻腔気管支症候群」と呼んで、耳鼻 咽喉科と内科にまたがって診断と治療を行います。
なぜそのようなことが起きるかについては、確固たるものはありませんが、よく言われていたのは「寝ている間にハナ(鼻漏)がノドから肺の方向に少しずつ流れ込む」という説明です。

鼻水

やはり遺伝子が関与?

 最近やはり、この病気にも遺伝子が関係するのではないかと言われています。鼻(鼻腔)や副鼻腔の内部表面の粘膜の細胞の表面には繊毛(せんもう)という構造があって、異物やほこりをノドの方へ押し出そうと絶えずほうきのように動いています。また、気管支の粘膜の細胞も活発に繊毛を動かしています。つまり鼻や副鼻腔の粘膜と気管支の粘膜は、同じ呼吸系であり構造が似ているのです。呼吸器系の粘膜の弱い遺伝子を持った人がなりやすいと考えられていますが、どんな遺伝子かは同定されていません。
 治療としては、両方への効果を考えてエリスロマイシンという抗生物質を長期に投与します。耳鼻咽喉科の立場からは副作用が出ないように通常、服用する量の半分の量を3か月間服用します。副鼻腔炎が重症の場合は耳鼻咽喉科で手術を考慮します。

◇「鼻のマメ知識」の記事一覧◇

コラム

★鼻の基礎知識★
 ・鼻の仕組み・働き
 ・鼻の検査
 ・鼻の中の形と役割
 ・鼻炎
 ・アレルギー性鼻炎[鼻過敏症]
★サイト内で読まれている記事★
 ・鼻水が止まらない
 ・くしゃみが出る

 ・鼻水が喉(のど)を流れる
 ・鼻詰まり


RSS

喉痛.COM
風邪・喘息などの各病状対策や喉(のど)の気になる症状の対策まとめサイト
nodoita.com

自宅介護.COM
自宅(在宅)介護を楽にするコツを情報まとめサイト
zitakukaigo.com

喘息.COM
風邪(かぜ)・喘息(ぜんそく)などの各病状対策や喘息の気になる症状の対策まとめサイト
nodoita.com/zensoku

歯が痛い.COM
虫歯・歯周病などの各対策や歯が痛い時の対策など情報まとめサイト
hagaita.com
本サイトのご利用について
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・