鼻水.COM
 トップページ > 鼻の基礎知識 > 鼻の仕組み・働き サイトマップ
サイトより皆様へ
鼻の症状

 ・鼻水が止まらない 
 ・くしゃみが出る

 ・鼻水が喉(のど)を流れる
 ・鼻詰まり
 ・鼻血が出る
 ・鼻が痛い
 ・鼻が乾く
 ・においがわからない[嗅覚障害]

鼻の病気
 ・鼻炎
 ・アレルギー性鼻炎[鼻過敏症]
 ・急性副鼻腔炎
 ・慢性副鼻腔炎
 ・鼻茸(はなたけ)
 ・鼻中隔彎曲症
 ・鼻出血
 ・鼻の湿疹・おでき
 ・嗅覚障害
 ・鼻の腫瘍(しゅよう)
 ・花粉症
 ・蓄膿(ちくのう)症
鼻の病気
 ・副鼻腔炎
 ・鼻出血(鼻血)
鼻の基礎知識
 ・鼻の仕組み・働き
 ・鼻の検査
 ・鼻の中の形と役割
鼻の特集
 ・日常生活に潜む嗅覚障害
鼻のマメ知識
 ・鼻が悪くなると目も悪くなる?
 ・膿の袋が眼(視神経)を圧迫!?
 ・咳や痰多い時は鼻が原因!?
 ・その集中力の低下、鼻が原因!?
コラム
 ・鼻毛のはなし・鼻毛の殿様
 ・花粉症のセルフケア7つの方法
 ・親父臭の原因・体臭成分
 ・フェロモンとホルモン
耳鼻咽喉科の基礎知識
 ・喉(のど)の仕組み・働き
 ・喉(のど)の検査
 ・食べ物、空気と声の喉の別れ方
 ・喉頭全摘後のリハビリ
 ・音声検査・音響検査

鼻の仕組み・働き

- 鼻の基礎知識


 鼻には「においをかぐ」という機能のほかに、体内に入る空気のごみを取り除いたり、呼気の温度や湿度を適度に調節する役割もあります。鼻は、いわば「エアクリーナー」であり、「エアコンディショナー」でもあります。


鼻の仕組み

  鼻は、「外鼻(顔のほぼ中央にある突起)」と「鼻腔」「副鼻腔」から成っています。
 鼻というと「においをかぐ」という感覚器としての役割が、すぐに思い浮かびますが、私たちが呼吸をするときに、空気が通る「気道」としても、重要な役割を果たしています。

空気中のごみなどを取り除いて、体内に異物が入らないようにする

  外界の空気には、ほこりや細菌などさまざまな異物が混じっています。私たちが息を吸うと、この異物の混じった空気が鼻の中に入ってきます。しかし、鼻は異物がそのまま体内に入らないように、取り除く働きをしています。
 まず、「鼻前庭(ビゼンテイ)」に生えている鼻毛で大きなゴミがキャッチされます。
 鼻前庭でとらえられなかった異物は、鼻腔の内部に入ってきます。鼻腔には「鼻甲介」という大きなひだが3つあります。ひだ状の構造になっていることから、吸気に触れる面積が広くなり、異物を容易にキャッチできます。また、上皮細胞には「腺毛(センモウ)」という細かい毛が生えており、表面は、粘り気のある液体(粘液)で覆われています。ここでさらに細かい異物がキャッチされます。
 とらえられた異物は、腺毛の細かい動きで、粘液とともに、のど(咽頭)のほうへ運ばれます。運ばれた物質はのどに落ちて飲み込まれ、やがて対外に排出されます。
 これらの異物は「鼻汁」に混じって、体外に出たり、「くしゃみ」により排出されることもあります。さらに、外界から異物が入らないように、「鼻詰まり」が起こることもあります。

鼻汁・・・鼻腔の粘膜には、鼻汁を分泌する「分泌腺」があります。異物によって分泌腺が刺激されると、鼻汁が分泌され、異物を洗い流すように、体の外に排出します。 副鼻腔の内腔も、こうした粘膜に覆われていて、鼻汁を分泌する作用があります。副鼻腔は「自然孔」という1〜2mmの孔から鼻腔に通じています。鼻汁は、この自然孔を通って、鼻腔に送られ、排出されます。

くしゃみ・・・異物が入ると、鼻の粘膜やその下層にある神経が刺激を受け、一気に強い息を吐き出して、異物を外に排出しようとします。これが「くしゃみ」です。

鼻詰まり・・・異物やそのほかの刺激で、鼻の血管にある神経が反応します。すると、血管が腫れて血液がうっ滞します。粘膜も腫れてくるので、鼻腔が狭くなり、鼻詰まりが起こります。鼻詰まりは、これ以上、鼻腔に異物が入らないようにする、鼻の反応なのです。

吸い込んだ空気に、適度な湿度と温度を与える

  大気中の空気は、気象条件によって乾燥していたり、冷たかったりすることもあります。その空気がそのまま肺に送られると、肺炎などを起こしやすい状態になります。
 鼻は、吸い込まれた空気に適度な温度と湿度を与え、体に負担にならないように調節する役割を果たしています。

  • 呼気が加温・加湿される仕組み

  鼻から吸い込まれた空気は、鼻腔にある「鼻甲介」という大きなひだのような組織の間(下鼻道、中鼻道、上鼻道)を通ります。
 鼻甲介には、非常に多くの血管が分布しています。冷たい空気が鼻腔に入ってくると、この血管を流れる血液から、空気に熱が伝えられます。こうして、吸い込まれた空気は、鼻道を通る間に、体温とほぼ同じ温度に温められます。また、空気が乾いていると、血液中の水分が吸い込まれた空気に移行し、適度な湿り気が加わります。

さまざまなにおいをかぎ分ける感覚器としての役割もある

  鼻の「嗅裂(キュウレツ)」という部分には、においを感じる「嗅粘膜」と呼ばれる部分があり、その上を「嗅粘膜」が覆っています。
 吸い込んだ空気に、においの素になる物質があると、その物質が、嗅粘膜に溶けます。その情報が「嗅神経」から「嗅糸(嗅神経が束になったもの)」に伝わり、脳へ送られます。脳では、いったん鼻腔の骨のすぐ上にある「嗅球」を経て、においの中枢へ送られ、においとして認識されます。
 においには、さまざまな種類がありますが、どのにおいをどこで感じるといったことは、まだはっきりわかっていません。

 

◆他に役に立つおススメ記事◆

★鼻の基礎知識★
 ・鼻の仕組み・働き
 ・鼻の検査
 ・鼻の中の形と役割
 ・鼻炎
 ・アレルギー性鼻炎[鼻過敏症]
★サイト内で読まれている記事★
 ・鼻水が止まらない
 ・くしゃみが出る

 ・鼻水が喉(のど)を流れる
 ・鼻詰まり


RSS

喉痛.COM
風邪・喘息などの各病状対策や喉(のど)の気になる症状の対策まとめサイト
nodoita.com

自宅介護.COM
自宅(在宅)介護を楽にするコツを情報まとめサイト
zitakukaigo.com

喘息.COM
風邪(かぜ)・喘息(ぜんそく)などの各病状対策や喘息の気になる症状の対策まとめサイト
nodoita.com/zensoku

歯が痛い.COM
虫歯・歯周病などの各対策や歯が痛い時の対策など情報まとめサイト
hagaita.com
本サイトのご利用について
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・