花粉症と鼻水.COM
鼻水 > 花粉症 > 花粉症の症状 > 花粉数と症状の関係 サイトマップ
サイトより皆様へ
花粉症の症状
 

 ・目の病状が酷い場合の対応
 ・目が痒く流涙と充血が酷い場合
 ・風邪(かぜ)との見分け方
 ・スギ花粉症が長引く要因・原因
 ・複数種類の花粉症の重複発症
 ・幼児のスギ花粉症の治療・対策
 ・かかりやすい傾向・予防法


 @花粉症の主な症状
 A目や喉に出る症状
 B皮膚に出る症状
 C胃の異常の症状
 D全身への症状
花粉症の原因
 ・アレルギー症状と花粉の飛散
 ・花粉数と症状の関係
 ・花粉症の遺伝性
 ・兄弟が花粉症の場合
 ・性別とスギ花粉症
 ・酷い大気汚染と花粉症
 ・妊娠・出産と花粉症
 ・育った場所とかかり易さ
 ・人工栄養ミルクとかかり易さ

花粉症の症状
 

 @酷い咳(咳発作)
 A風邪(色の着いた鼻水)
 B副鼻腔炎、C滲出性中耳炎
 D鼻の痒みや鼻血、E頭痛

花粉症の予防
 

花粉症セルフケア(予防策)
 ・花粉を避けるための注意事項
 ・花粉飛散と天候の関係
 ・マスクや眼鏡を選ぶ際の注意点
 ・帰宅時に家に入る際の注意点
 ・花粉が付着しないような衣服
 ・花粉症対策として空気洗浄機
 ・適切な室内環境(温度・湿度)
 ・花粉症を悪化させる化粧品
 ・過労やストレスの花粉症への影響
 ・花粉症と精神的な状態
 ・花粉症の原因となる植物
 ・花粉症予防としての運動
 ・花粉症患者の体質改善方法
 ・冷水摩擦や乾布摩擦
 ・高齢者の花粉症の注意事項
花粉を日常で回避する秘訣

 ・各花粉の飛び方・傾向の理解
 ・花粉回避方法・外出時
 ・体質改善と予防薬の活用
 ・減感作療法の作用機序

花粉症時の食事で予防
 ・食事・栄養で気を付ける事
 ・ビタミンやカルシウムの効果
 ・花粉症を悪化させる食べ物
 ・果物を食すことの花粉症の影響
 ・飲酒や喫煙の花粉症への影響

花粉症の治療
 

花粉症の療法について
 ・花粉の種類と治療法
 ・酷い花粉症の場合の治療方法
 ・花粉数と治療の効果
 ・花粉症の治療の可能性


 ・薬物療法以外にできること
 ・目の痒みにタオルで冷やす効果
 ・目の水洗いや目薬の効果
 ・花粉症(鼻炎)と鍼や灸の効果

薬物療法について

 ・よく使われる薬物
 ・治療薬の選定基準
 ・妊娠時・出産後の薬物の使用
花粉症用薬物
 @抗ヒスタミン薬>>効果や副作用
 A第二世代抗ヒスタミン薬
 B抗ロイコトリエン・抗トロンボキサン薬
 C遊離抑制薬
 D鼻噴霧用ステロイド薬
   >>副作用や注意点
   >>副作用の少ない鼻粘膜薬
 E点鼻薬・点眼薬
   >>市販の点鼻薬/
目薬の効果
   >>点鼻薬の使用継続と効果
 ・アレルギー自体を抑える薬
 ・花粉症薬と併用不可の薬物
 ・花粉症の予防薬、>>量と効用
 ・漢方薬の効果
減感作療法(免疫療法)
 ・期間と内容・効果副作用
 ・併用が効果的な薬物
 @治療メカニズム
 Aスギ抗原エキス
 B療法の効果  C標準化エキス
手術療法

 @鼻粘膜切除と鼻中隔彎曲矯正
 A鼻の粘膜レーザー治療
   >>レーザー治療や電気凝固

花粉数と症状の関係

- 花粉症(かふんしょう)の症状

花粉症

 花粉飛散数を測定するには、スライドグラスを屋外に24時間放置し、ガラス表面に付着した1平方センチメートルあたりの花粉数を実数とします。飛散開始は1月1日から連続2日以上、1個以上花粉が観測された日としています。
 通常、1日当たり1桁程度の飛散で花粉症が発症することはまずありません。20個以上で、花粉症の患者さんの約半数が鼻のムズムズ感を自覚し、眼も多少ムズムズするようになります。
 ちなみに2004年のスギ花粉飛散数は、東北を除き、ピークの日でも1日50個以下であり、半数以上の患者さんは症状が出ませんでした。その前年の2003年は200個を超えることはなく、多くの方がひどい症状は無しに過ごせました。2年連続して花粉飛散が少なかったので、「花粉症が治った」と思われた患者さんも少なくなかったようです。
 一方、2005年春は、飛散開始日は2月中旬でしたが、3月に入ると花粉が本格的に飛び始めました。この年の3月以降の飛散数を見ると、神奈川県相模原市では、1日500個以上飛散した日が30日間続きました。その後、続いてスギと抗原性が類似するヒノキ花粉の飛散数も多く、50個以上飛散した日が4月20日まで続きました。
 スギ花粉飛散が200個を超えると、鼻症状としては絶えず鼻水が垂れ、鼻がつまり、鼻づまりのために夜に寝ることもできなくなります。眼症状としては眼のかゆみや流涙(りゅうるい)があり、さらに眼が充血したり眼のまわりが赤く腫れたりします。また、花粉が喉(のど)に入り、耳の掻痒感(そうようかん:「かゆみ」のこと)が出現します。
 スギ花粉飛散が500個以上になると、アレルギー反応の場所は、鼻・眼・喉(のど)に留まらず、喉頭や気管にまで及んで咳が出る人もいます。このような状況下では、いかなる薬も効かなくなります。強力な鼻噴霧用ステロイド薬と抗ヒスタミン薬を併用しても効果がありません。
 大量飛散の年は、新たな花粉症の患者さんを生むこととなります。とくに深刻なのは、幼児や児童の花粉症で、本人たちには花粉症の自覚はまったくなく、しかも屋外で長時間活動するため、大量の花粉を浴びて最重症化することになります。

 

≫次の記事「花粉症の主な症状」へ

◇「花粉症の症状」の記事一覧◇


☆花粉症の基礎知識☆
◆花粉症の検査方法◆
 @皮膚テスト A鼻誘発反応
 Bヒスタミン遊離反応
 Cラスト(RAST)法 
 Dヒスタミン感受性試験

◆花粉症の診断・検査のマメ知識◆
 ・花粉症診断の重要性
 ・花粉症の簡単な判別方法
 ・花粉症検査の副作用
 ・耳鼻科内の花粉症専門医院
 ・病院へ行った際の注意事項

◆他の病気と花粉症◆
 ・幼児のアトピーと花粉症
 ・乳児の鼻水が酷さと花粉症
 ・アレルギー性鼻炎と花粉症
 ・喘息と花粉症
 ・シーズン外の咳発作と花粉症
 ☆耳鼻咽喉科の基礎知識☆
◆鼻の症状◆
 ・鼻水が止まらない 
 ・くしゃみが出る

 ・鼻水が喉(のど)を流れる
 ・鼻詰まり ・鼻が乾く
 ・鼻血が出る  ・鼻が痛い
 ・においがわからない[嗅覚障害]


◆鼻の基礎知識◆
 ・鼻の仕組み・働き ・鼻の検査
 ・鼻の中の形と役割
 ・鼻粘膜の防御の仕組み

◆喉(ノド)の基礎知識◆

 ・喉(のど)の仕組み・働き
 ・喉(のど)の検査
 ・食べ物、空気と声の喉の別れ方
 ・喉頭全摘後のリハビリ
 ・音声検査・音響検査

RSS

喉が痛い
風邪・喘息などの各病状対策や喉(のど)の気になる症状の対策まとめサイト
nodoita.com

自宅・在宅介護
自宅(在宅)介護を楽にするコツを情報まとめサイト
zitakukaigo.com

喘息(ぜんそく)
風邪(かぜ)・喘息(ぜんそく)などの各病状対策や喘息の気になる症状の対策まとめサイト
nodoita.com/zensoku

歯が痛い(虫歯)
虫歯・歯周病などの各対策や歯が痛い時の対策など情報まとめサイト
hagaita.com
本サイトのご利用について
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・