花粉症と鼻水.COM
鼻水 > 花粉症 > 花粉症の治療 > 花粉飛散数と治療効果 サイトマップ
サイトより皆様へ
花粉症の症状
 

 ・目の病状が酷い場合の対応
 ・目が痒く流涙と充血が酷い場合
 ・風邪(かぜ)との見分け方
 ・スギ花粉症が長引く要因・原因
 ・複数種類の花粉症の重複発症
 ・幼児のスギ花粉症の治療・対策
 ・かかりやすい傾向・予防法


 @花粉症の主な症状
 A目や喉に出る症状
 B皮膚に出る症状
 C胃の異常の症状
 D全身への症状
花粉症の原因
 ・アレルギー症状と花粉の飛散
 ・花粉数と症状の関係
 ・花粉症の遺伝性
 ・兄弟が花粉症の場合
 ・性別とスギ花粉症
 ・酷い大気汚染と花粉症
 ・妊娠・出産と花粉症
 ・育った場所とかかり易さ
 ・人工栄養ミルクとかかり易さ

花粉症の症状
 

 @酷い咳(咳発作)
 A風邪(色の着いた鼻水)
 B副鼻腔炎、C滲出性中耳炎
 D鼻の痒みや鼻血、E頭痛

花粉症の予防
 

花粉症セルフケア(予防策)
 ・花粉を避けるための注意事項
 ・花粉飛散と天候の関係
 ・マスクや眼鏡を選ぶ際の注意点
 ・帰宅時に家に入る際の注意点
 ・花粉が付着しないような衣服
 ・花粉症対策として空気洗浄機
 ・適切な室内環境(温度・湿度)
 ・花粉症を悪化させる化粧品
 ・過労やストレスの花粉症への影響
 ・花粉症と精神的な状態
 ・花粉症の原因となる植物
 ・花粉症予防としての運動
 ・花粉症患者の体質改善方法
 ・冷水摩擦や乾布摩擦
 ・高齢者の花粉症の注意事項
花粉を日常で回避する秘訣

 ・各花粉の飛び方・傾向の理解
 ・花粉回避方法・外出時
 ・体質改善と予防薬の活用
 ・減感作療法の作用機序

花粉症時の食事で予防
 ・食事・栄養で気を付ける事
 ・ビタミンやカルシウムの効果
 ・花粉症を悪化させる食べ物
 ・果物を食すことの花粉症の影響
 ・飲酒や喫煙の花粉症への影響

花粉症の治療
 

花粉症の療法について
 ・花粉の種類と治療法
 ・酷い花粉症の場合の治療方法
 ・花粉数と治療の効果
 ・花粉症の治療の可能性


 ・薬物療法以外にできること
 ・目の痒みにタオルで冷やす効果
 ・目の水洗いや目薬の効果
 ・花粉症(鼻炎)と鍼や灸の効果

薬物療法について

 ・よく使われる薬物
 ・治療薬の選定基準
 ・妊娠時・出産後の薬物の使用
花粉症用薬物
 @抗ヒスタミン薬>>効果や副作用
 A第二世代抗ヒスタミン薬
 B抗ロイコトリエン・抗トロンボキサン薬
 C遊離抑制薬
 D鼻噴霧用ステロイド薬
   >>副作用や注意点
   >>副作用の少ない鼻粘膜薬
 E点鼻薬・点眼薬
   >>市販の点鼻薬/
目薬の効果
   >>点鼻薬の使用継続と効果
 ・アレルギー自体を抑える薬
 ・花粉症薬と併用不可の薬物
 ・花粉症の予防薬、>>量と効用
 ・漢方薬の効果
減感作療法(免疫療法)
 ・期間と内容・効果副作用
 ・併用が効果的な薬物
 @治療メカニズム
 Aスギ抗原エキス
 B療法の効果  C標準化エキス
手術療法

 @鼻粘膜切除と鼻中隔彎曲矯正
 A鼻の粘膜レーザー治療
   >>レーザー治療や電気凝固

花粉飛散数と治療効果D

- 花粉症(かふんしょう)の治療

花粉症

総花粉飛散数と対応する治療法

総飛散4,000個(ピーク時270〜400個、平均135〜200個)の場合

 50%の患者さんは重症化します。花粉飛散数がこれ以上になると、いかに花粉の曝露(ばくろ)を受けないかが重症化を防ぐキーポイントとなります。ピーク時の外出は重症化をまねくことを覚悟しなければなりません。季節前から抗ヒスタミン薬と鼻噴霧用ステロイド薬を併用すると、発症の予防に効果があります。
 症状が悪化するようなら、少々眠気のある抗ヒスタミン薬に変えるか抗ロイコトリエン薬を併用します。洗濯物・寝具を外に干すと花粉が付着し、取り入れ後、重症化することは必須です。向かい風側の窓の開閉は禁忌です。外出時にはマスクをしっかり装着し、帰宅時には上着を玄関の外で叩く、洗顔するなど生活上の注意を守ってください。これでも症状が改善しない場合は、花粉ゼロの部屋をつくり、2〜3日は外出を避け、これに前記の薬を併用すれば、ほとんどの患者さんが改善します。

総飛散6,000個(ピーク時400〜900個、平均200〜300個)の場合

 80%の患者さんは重症化します。抗アレルギー薬、特に抗ヒスタミン薬と鼻噴霧用ステロイド薬の季節前投与を行うことが望まれます。抗ヒスタミン薬だけでは予防効果は弱く、重症化を避けるには、鼻噴霧用ステロイド薬の併用が重要です。また、抗ヒスタミン薬だけでは予防効果は弱く、重症化を避けるには鼻噴霧用ステロイド薬の併用が重要です。
 また、抗ヒスタミン薬は多少眠気など副作用のあるものが効果を発揮します。この場合、運転や高所での仕事をする人は注意が必要で、これらの薬を服用できない人は、遊離抑制薬または抗ロイコトリエン薬の併用が良いでしょう。
 総飛散数が6,000個以上になると、新たに発症する例が多くなります。特に子どもは外で活動するので重症化を招きやすく、鼻汁、鼻づまり、喉(のど)のかゆみ、眼の充血、眼の周囲の発赤腫脹(はっせきしゅちょう)などが見られます。
 この場合は、まず洗顔・洗髪をし、衣服についた花粉を叩いて落とし、抗ヒスタミン薬や鼻噴霧用ステロイド薬を投与しますが、薬の効き目はすぐには現れません。ひどい場合には、経口ステロイド薬を服用させます。症状が落ち着くまで花粉ゼロの部屋で生活をし、登校時にはマスクを装着させ、戸外での体育は花粉飛散が100個以下になるまで禁止します。

総飛散9,000個(ピーク時600〜900個以上、平均300〜450個以上)の場合

 この飛散数になると、ほとんどが重症化します。マスクは屋内外を問わず欠かせません。季節前から抗ヒスタミン薬と鼻噴霧用ステロイド薬を併用し、マスクを装着しても、症状が消失することはありません。そこで、種類の異なるいくつかの薬の併用が必要です。
 市販薬だけでは改善の効果はきわめて低いと考えてください。花粉飛散のピーク時の外出は短時間(一時間以内)とし、花粉飛散が比較的少なく、風の弱い朝や夕方にします。なお、鼻閉が高度となってから鼻噴霧用ステロイド薬を用いても、症状はすぐには改善しません。鼻噴霧用血管収縮薬を点鼻し、鼻閉が消失してから鼻噴霧用ステロイド薬を使用します。
 2005年春、神奈川県では、記録的な花粉飛散が観測され、ほとんどの患者さんが重症化しました。季節前から多少眠気のある抗ヒスタミン薬と鼻噴霧用ステロイド薬を処方し、ほとんどの患者さんはこれとマスク装着で乗り切ることができました。重症化した患者さんのほとんどは、油断して鼻噴霧用ステロイド薬の使用を怠っていました。
 また、このような大量の花粉飛散時でも、減感作を行った患者さんの90%は抗ヒスタミン薬を二週間服用するだけで、ほぼ症状が改善されました。これは特筆すべきことでしょう。患者さんも「減感作療法をやっていてよかった」と満足されています。

 

≫次の記事「花粉症対策は予防法だけでは困難」へ

◇「花粉症(かふんしょう)の治療」の記事一覧◇


☆花粉症の基礎知識☆
◆花粉症の検査方法◆
 @皮膚テスト A鼻誘発反応
 Bヒスタミン遊離反応
 Cラスト(RAST)法 
 Dヒスタミン感受性試験

◆花粉症の診断・検査のマメ知識◆
 ・花粉症診断の重要性
 ・花粉症の簡単な判別方法
 ・花粉症検査の副作用
 ・耳鼻科内の花粉症専門医院
 ・病院へ行った際の注意事項

◆他の病気と花粉症◆
 ・幼児のアトピーと花粉症
 ・乳児の鼻水が酷さと花粉症
 ・アレルギー性鼻炎と花粉症
 ・喘息と花粉症
 ・シーズン外の咳発作と花粉症
 ☆耳鼻咽喉科の基礎知識☆
◆鼻の症状◆
 ・鼻水が止まらない 
 ・くしゃみが出る

 ・鼻水が喉(のど)を流れる
 ・鼻詰まり ・鼻が乾く
 ・鼻血が出る  ・鼻が痛い
 ・においがわからない[嗅覚障害]


◆鼻の基礎知識◆
 ・鼻の仕組み・働き ・鼻の検査
 ・鼻の中の形と役割
 ・鼻粘膜の防御の仕組み

◆喉(ノド)の基礎知識◆

 ・喉(のど)の仕組み・働き
 ・喉(のど)の検査
 ・食べ物、空気と声の喉の別れ方
 ・喉頭全摘後のリハビリ
 ・音声検査・音響検査

RSS

喉が痛い
風邪・喘息などの各病状対策や喉(のど)の気になる症状の対策まとめサイト
nodoita.com

自宅・在宅介護
自宅(在宅)介護を楽にするコツを情報まとめサイト
zitakukaigo.com

喘息(ぜんそく)
風邪(かぜ)・喘息(ぜんそく)などの各病状対策や喘息の気になる症状の対策まとめサイト
nodoita.com/zensoku

歯が痛い(虫歯)
虫歯・歯周病などの各対策や歯が痛い時の対策など情報まとめサイト
hagaita.com
本サイトのご利用について
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・