花粉症と鼻水.COM
鼻水 > 花粉症 > TOP サイトマップ
サイトより皆様へ
花粉症の症状
 

 ・目の病状が酷い場合の対応
 ・目が痒く流涙と充血が酷い場合
 ・風邪(かぜ)との見分け方
 ・スギ花粉症が長引く要因・原因
 ・複数種類の花粉症の重複発症
 ・幼児のスギ花粉症の治療・対策
 ・かかりやすい傾向・予防法


 @花粉症の主な症状
 A目や喉に出る症状
 B皮膚に出る症状
 C胃の異常の症状
 D全身への症状
花粉症の原因
 ・アレルギー症状と花粉の飛散
 ・花粉数と症状の関係
 ・花粉症の遺伝性
 ・兄弟が花粉症の場合
 ・性別とスギ花粉症
 ・酷い大気汚染と花粉症
 ・妊娠・出産と花粉症
 ・育った場所とかかり易さ
 ・人工栄養ミルクとかかり易さ

花粉症の症状
 

 @酷い咳(咳発作)
 A風邪(色の着いた鼻水)
 B副鼻腔炎、C滲出性中耳炎
 D鼻の痒みや鼻血、E頭痛

花粉症の予防
 

花粉症セルフケア(予防策)
 ・花粉を避けるための注意事項
 ・花粉飛散と天候の関係
 ・マスクや眼鏡を選ぶ際の注意点
 ・帰宅時に家に入る際の注意点
 ・花粉が付着しないような衣服
 ・花粉症対策として空気洗浄機
 ・適切な室内環境(温度・湿度)
 ・花粉症を悪化させる化粧品
 ・過労やストレスの花粉症への影響
 ・花粉症と精神的な状態
 ・花粉症の原因となる植物
 ・花粉症予防としての運動
 ・花粉症患者の体質改善方法
 ・冷水摩擦や乾布摩擦
 ・高齢者の花粉症の注意事項
花粉を日常で回避する秘訣

 ・各花粉の飛び方・傾向の理解
 ・花粉回避方法・外出時
 ・体質改善と予防薬の活用
 ・減感作療法の作用機序

花粉症時の食事で予防
 ・食事・栄養で気を付ける事
 ・ビタミンやカルシウムの効果
 ・花粉症を悪化させる食べ物
 ・果物を食すことの花粉症の影響
 ・飲酒や喫煙の花粉症への影響

花粉症の治療
 

花粉症の療法について
 ・花粉の種類と治療法
 ・酷い花粉症の場合の治療方法
 ・花粉数と治療の効果
 ・花粉症の治療の可能性


 ・薬物療法以外にできること
 ・目の痒みにタオルで冷やす効果
 ・目の水洗いや目薬の効果
 ・花粉症(鼻炎)と鍼や灸の効果

薬物療法について

 ・よく使われる薬物
 ・治療薬の選定基準
 ・妊娠時・出産後の薬物の使用
花粉症用薬物
 @抗ヒスタミン薬>>効果や副作用
 A第二世代抗ヒスタミン薬
 B抗ロイコトリエン・抗トロンボキサン薬
 C遊離抑制薬
 D鼻噴霧用ステロイド薬
   >>副作用や注意点
   >>副作用の少ない鼻粘膜薬
 E点鼻薬・点眼薬
   >>市販の点鼻薬/
目薬の効果
   >>点鼻薬の使用継続と効果
 ・アレルギー自体を抑える薬
 ・花粉症薬と併用不可の薬物
 ・花粉症の予防薬、>>量と効用
 ・漢方薬の効果
減感作療法(免疫療法)
 ・期間と内容・効果副作用
 ・併用が効果的な薬物
 @治療メカニズム
 Aスギ抗原エキス
 B療法の効果  C標準化エキス
手術療法

 @鼻粘膜切除と鼻中隔彎曲矯正
 A鼻の粘膜レーザー治療
   >>レーザー治療や電気凝固

最初に > 花粉症とは何でしょうか?

 花粉症という言葉は、いまや一般国民にも浸透し、ごく普通の会話やあいさつのなかにも登場するようになりました。花粉症とは字のごとく、風によって媒介(バイカイ)される風媒花(フウバイカ)のおしべから飛ぶ花粉が鼻や目に入り、症状を起こす病気です。このおしべの花粉は直径30マイクロメートル(μm:百分の1メートル)の大きさで、粒子そのものが体内に入ることはありません。体内に入るのは、花粉の中の成分で、これが鼻水や涙で溶けた後、粘膜から体内に入ってきます。花粉が風に運ばれて人体に付き、溶解するのに必要な水分がある場所と言えば、鼻の粘膜や目の粘膜の表面です。したがって、花粉症の特徴として、目や鼻、喉(ノド)など、空気と接する粘膜臓器に症状が集中しています。スギなどの木の他にも、草花の花粉が空中を飛び、目の痒み、流涙(リュウルイ)、くしゃみ、鼻水、鼻づまりなどの症状を起こすこともあります。スギ花粉症の場合、北海道以外の地方で毎年2月から3月の初めごろから症状が現れますが、現在、多くの患者さんがこの病気で悩んでおり、いまや社会問題にまで発展しています。
花粉症が発症するまでの過程は、少々複雑ですが、その仕組みを簡単に説明しておきましょう。鼻や目の粘膜から体内に吸収された花粉の成分は、ある種の細胞を刺激します。この細胞は抗原提示細胞と呼ばれ、花粉の成分を「自分のからだの中にはない物質(異物)」と認識するはたらきを持っているのですが、花粉の成分を感知すると、ついでリンパ球という細胞を刺激します(このような異物を抗原と呼びます)。その結果、このリンパ球から花粉とだけ結合するIgE抗体というタンパク物質が産生されます。一度このIgE抗体が体内で増えると、血液に運ばれて身体のすみずみまでいきわたり、身体のほとんどの部分がこの抗体によって満たされます。
この状態で、再度花粉が鼻や目に侵入すると、花粉の成分と体内で増えたIgE抗体とのあいだに反応が生じ、いろいろな症状が現れるようになります。ふつう、この反応は、抗原が体内に入ってから早い場合には数秒、遅くとも数分で起こるため、即時反応と呼ばれています。これに対して、結核にかかったかどうかを診断するときに行うツベルクリン反応のように、数時間から数十時間後に反応が現れることもあり、遅延型反応と呼ばれています。
なぜ人間にこのような即時型反応が現れるのかという疑問に対する説明として、即時型反応は、異物つまり抗原が体内に入ったとき、粘膜が反応して、それ以上の異物の侵入をくいとめようとする防御反応である、と考える研究者もいます。
アレルギー反応は、花粉症のほかに、喘息(ゼンソク)アトピー性皮膚炎、食べ物や薬物でのショックなどの場合にも、同じような仕組みで起こります。

花粉症の症状
花粉症の主な症状
目や喉に出る症状
皮膚に出る症状
アレルギー症状と花粉の飛散
花粉数と症状の関係

花粉症の診断

花粉症診断の重要性
皮膚テスト
ラスト(RAST)法
鼻誘発反応
ヒスタミン遊離反応
ヒスタミン感受性試験

花粉症の予防
 花粉を回避する秘訣
各花粉の飛び方・傾向
花粉回避方法・外出時
体質改善と予防薬の活用
減感作療法の作用機序

鼻粘膜の防御の仕組み

@細菌、異物を排除する
A悪影響の環境因子
B悪環境は花粉症の原因
C感染を繰り返し花粉症に

花粉症と風邪(かぜ)の症状の違い(詳しくは「花粉症の主な症状」へ)
花粉症 風邪(かぜ)
・目と鼻のかゆみ
・水性の鼻汁(鼻水)
・喉(のど)のかゆみ、痛み
・発熱はない
・頭痛
・膿性(色つき)の鼻汁
・飲み込む時に喉の痛み
・発熱はある

花粉症の治療
 薬物療法
抗ヒスタミン薬
第二世代抗ヒスタミン薬
抗ロイコトリエン薬・抗トロンボキサン薬
遊離抑制薬
鼻噴霧用ステロイド薬
点鼻薬・点眼薬

減感作療法(免疫療法)

@治療メカニズム
Aスギ抗原エキス
B療法の効果
C標準化エキスのショック

 手術療法
@鼻粘膜切除と鼻中隔彎曲矯正
A鼻の粘膜レーザー治療

花粉数と治療の効果

@花粉情報の重要性
A花粉数と薬効用の関係性
B花粉飛散の予知
C花粉飛散数と対応する治療法


鼻の症状
鼻水が止まらない
くしゃみが出る

鼻水が喉(のど)を流れる
鼻詰まり
鼻血が出る
鼻が痛い
鼻が乾く
においがわからない[嗅覚障害]
花粉症対策
鼻の病気
鼻炎
アレルギー性鼻炎[鼻過敏症]
急性副鼻腔炎
慢性副鼻腔炎
鼻茸(はなたけ)
鼻中隔彎曲症
鼻出血
鼻の湿疹・おでき
嗅覚障害
鼻の腫瘍(しゅよう)
 ・花粉症
 ・蓄膿(ちくのう)症

鼻の病気(子ども)
副鼻腔炎
鼻出血(鼻血)

 


☆花粉症の基礎知識☆
◆花粉症の検査方法◆
 @皮膚テスト A鼻誘発反応
 Bヒスタミン遊離反応
 Cラスト(RAST)法 
 Dヒスタミン感受性試験

◆花粉症の診断・検査のマメ知識◆
 ・花粉症診断の重要性
 ・花粉症の簡単な判別方法
 ・花粉症検査の副作用
 ・耳鼻科内の花粉症専門医院
 ・病院へ行った際の注意事項

◆他の病気と花粉症◆
 ・幼児のアトピーと花粉症
 ・乳児の鼻水が酷さと花粉症
 ・アレルギー性鼻炎と花粉症
 ・喘息と花粉症
 ・シーズン外の咳発作と花粉症
 ☆耳鼻咽喉科の基礎知識☆
◆鼻の症状◆
 ・鼻水が止まらない 
 ・くしゃみが出る

 ・鼻水が喉(のど)を流れる
 ・鼻詰まり ・鼻が乾く
 ・鼻血が出る  ・鼻が痛い
 ・においがわからない[嗅覚障害]


◆鼻の基礎知識◆
 ・鼻の仕組み・働き ・鼻の検査
 ・鼻の中の形と役割
 ・鼻粘膜の防御の仕組み

◆喉(ノド)の基礎知識◆

 ・喉(のど)の仕組み・働き
 ・喉(のど)の検査
 ・食べ物、空気と声の喉の別れ方
 ・喉頭全摘後のリハビリ
 ・音声検査・音響検査

RSS

喉が痛い
風邪・喘息などの各病状対策や喉(のど)の気になる症状の対策まとめサイト
nodoita.com

自宅・在宅介護
自宅(在宅)介護を楽にするコツを情報まとめサイト
zitakukaigo.com

喘息(ぜんそく)
風邪(かぜ)・喘息(ぜんそく)などの各病状対策や喘息の気になる症状の対策まとめサイト
nodoita.com/zensoku

歯が痛い(虫歯)
虫歯・歯周病などの各対策や歯が痛い時の対策など情報まとめサイト
hagaita.com
本サイトのご利用について
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・