鼻水.COM
 トップページ > 鼻の病気 > 鼻の湿疹・おでき サイトマップ
サイトより皆様へ
鼻の症状

 ・鼻水が止まらない 
 ・くしゃみが出る

 ・鼻水が喉(のど)を流れる
 ・鼻詰まり
 ・鼻血が出る
 ・鼻が痛い
 ・鼻が乾く
 ・においがわからない[嗅覚障害]

鼻の病気
 ・鼻炎
 ・アレルギー性鼻炎[鼻過敏症]
 ・急性副鼻腔炎
 ・慢性副鼻腔炎
 ・鼻茸(はなたけ)
 ・鼻中隔彎曲症
 ・鼻出血
 ・鼻の湿疹・おでき
 ・嗅覚障害
 ・鼻の腫瘍(しゅよう)
 ・花粉症
 ・蓄膿(ちくのう)症
鼻の病気
 ・副鼻腔炎
 ・鼻出血(鼻血)
鼻の基礎知識
 ・鼻の仕組み・働き
 ・鼻の検査
 ・鼻の中の形と役割
鼻の特集
 ・日常生活に潜む嗅覚障害
鼻のマメ知識
 ・鼻が悪くなると目も悪くなる?
 ・膿の袋が眼(視神経)を圧迫!?
 ・咳や痰多い時は鼻が原因!?
 ・その集中力の低下、鼻が原因!?
コラム
 ・鼻毛のはなし・鼻毛の殿様
 ・花粉症のセルフケア7つの方法
 ・親父臭の原因・体臭成分
 ・フェロモンとホルモン
耳鼻咽喉科の基礎知識
 ・喉(のど)の仕組み・働き
 ・喉(のど)の検査
 ・食べ物、空気と声の喉の別れ方
 ・喉頭全摘後のリハビリ
 ・音声検査・音響検査

鼻の湿疹・おでき

- 鼻の病気

鼻前庭湿疹

  鼻腔の入り口で、鼻毛の生えている部位を、鼻前庭といいます。文字どおり、この鼻前庭にできた湿疹を「鼻前庭湿疹」といい、主に「慢性副鼻腔炎、急性・慢性鼻炎、アレルギー性鼻炎」などが原因で起こります。これらの病気にかかると、絶えず分泌物や鼻汁が出てくるために、鼻前庭がいつもぬれた状態になります。また、ひっきりなしにはなをかんだり、鼻に違和感やかゆみを感じて鼻をゴシゴシとこすったりしがちです。すると、その刺激によって、鼻前庭がジクジクと赤くただれ、湿疹ができるのです。

  • 軟膏(ナンコウ)で炎症を抑え、そっとしておく

  鼻前庭湿疹の治療には、「ステロイド軟膏」が有効です。これを患部に1日3回塗り、鼻に触らないよう注意していれば、大体2〜3日くらいで治ります。鼻汁が止まらない場合には、鼻炎の薬を併用します。どうしても鼻をいじってしまう小さな子どもでは、爪を清潔にして、薄手の手袋をはめて、鼻をひっかけなくすることもあります。
 再発予防のためには、原因となる病気の治療もきちんと行いことが必要です。


鼻せつ(鼻のおでき)

 鼻せつとは、昔でいう「面疔(顔にできるおでき)」の一種です。鼻前庭にできた湿疹や、鼻毛を抜いたあとの毛孔に、細菌が感染して起こるもので、鼻腔内や鼻の表面に、膿のたまった赤い腫れものができます。
 にきびと違って、鼻せつは膿がどんどんたまって5mm〜1cmぐらいの大きさになり、触れられないほど痛みがひどいのが特徴です。進行するにつれて、高い熱が出ることもあります。
 鼻せつは、2週間ほどで自然に膿が出て治る場合もあります。しかし、抗菌薬が発達する前は、血管を介して細菌が脳にまで送られ、髄膜(ズイマク)炎や敗血症などの合併症で命にかかわることもありました。早めに受診するに越したことはありません。

  • 切開すると治りが早い

  治療では、抗菌薬の内服や軟膏、鎮痛薬が用いられます。膿がたまっている場合は、メスで切開して膿を排出します。膿を出せば、すぐに痛みは消え、治りも早くなります。
予防のためには、「鼻毛は抜かずに切る」「湿疹はいじらない」などを守りましょう。

◆他に役に立つおススメ記事◆

★鼻の基礎知識★
 ・鼻の仕組み・働き
 ・鼻の検査
 ・鼻の中の形と役割
 ・鼻炎
 ・アレルギー性鼻炎[鼻過敏症]
★サイト内で読まれている記事★
 ・鼻水が止まらない
 ・くしゃみが出る

 ・鼻水が喉(のど)を流れる
 ・鼻詰まり


RSS

喉痛.COM
風邪・喘息などの各病状対策や喉(のど)の気になる症状の対策まとめサイト
nodoita.com

自宅介護.COM
自宅(在宅)介護を楽にするコツを情報まとめサイト
zitakukaigo.com

喘息.COM
風邪(かぜ)・喘息(ぜんそく)などの各病状対策や喘息の気になる症状の対策まとめサイト
nodoita.com/zensoku

歯が痛い.COM
虫歯・歯周病などの各対策や歯が痛い時の対策など情報まとめサイト
hagaita.com
本サイトのご利用について
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・