鼻水.COM
 トップページ > 鼻の病気(子ども) > 副鼻腔炎B副鼻腔炎と中耳炎 サイトマップ
サイトより皆様へ
鼻の症状

 ・鼻水が止まらない 
 ・くしゃみが出る

 ・鼻水が喉(のど)を流れる
 ・鼻詰まり
 ・鼻血が出る
 ・鼻が痛い
 ・鼻が乾く
 ・においがわからない[嗅覚障害]

鼻の病気
 ・鼻炎
 ・アレルギー性鼻炎[鼻過敏症]
 ・急性副鼻腔炎
 ・慢性副鼻腔炎
 ・鼻茸(はなたけ)
 ・鼻中隔彎曲症
 ・鼻出血
 ・鼻の湿疹・おでき
 ・嗅覚障害
 ・鼻の腫瘍(しゅよう)
 ・花粉症
 ・蓄膿(ちくのう)症
鼻の病気
 ・副鼻腔炎
 ・鼻出血(鼻血)
鼻の基礎知識
 ・鼻の仕組み・働き
 ・鼻の検査
 ・鼻の中の形と役割
鼻の特集
 ・日常生活に潜む嗅覚障害
鼻のマメ知識
 ・鼻が悪くなると目も悪くなる?
 ・膿の袋が眼(視神経)を圧迫!?
 ・咳や痰多い時は鼻が原因!?
 ・その集中力の低下、鼻が原因!?
コラム
 ・鼻毛のはなし・鼻毛の殿様
 ・花粉症のセルフケア7つの方法
 ・親父臭の原因・体臭成分
 ・フェロモンとホルモン
耳鼻咽喉科の基礎知識
 ・喉(のど)の仕組み・働き
 ・喉(のど)の検査
 ・食べ物、空気と声の喉の別れ方
 ・喉頭全摘後のリハビリ
 ・音声検査・音響検査

副鼻腔炎B副鼻腔炎と中耳炎

- 鼻の病気(子ども)


 喉(のど)の痛み、熱、咳(せき)などの風邪のほかの症状はよくなっているのに、鼻水だけが抜けないということがあります。そういう時は急性副鼻腔炎にかかっている可能性が大です。こどもの場合、すでに小児科にかかっているような場合でも、耳鼻咽喉科に連れて行った方が良いと思います。

 幹部から鼻水を取り除き、ネブライザーで直接薬を噴霧吸入するといった局所的治療と、投薬の両方から治療ができますから、いつまでも治らなかった鼻水がスッキリ治ります。(ネブライザー:喘息の患者が薬剤を経口吸入するための液体の薬剤を噴霧する装置器具)

 

 子どもの場合、一般的に言って、鼻水に限って、お母さんたちは軽く見がちです。咳や喉の痛みがあるときには、病院へ連れて行きますし、薬も熱心に飲ませるのですが、鼻水になると、子どももそれほど苦痛を訴えませんから、「鼻水くらい垂らしていたって」というふうに感じるのでしょうが、いつまでも鼻水を放っておくと、副鼻腔炎は治りにくくなってしまうし、鼻は耳ともつながっているので、急性中耳炎や滲出性中耳炎などの原因にもなります。耳鼻咽喉科にかかったら、すでに滲出性中耳炎になっていたというケースがよくあります。

 鼻水と言えども、油断せずに、早めに、そして最後まできちんと治癒するのが肝心です。

鼻水

 

◆副鼻腔炎(子ども)の他の記事一覧◆

@風邪は鼻から始まる
A副鼻腔と副鼻腔炎
C慢性副鼻腔炎への悪化
D小児科と耳鼻科の相違

◆この記事に関連する病気◆

◆他に役に立つおススメ記事◆

★鼻の基礎知識★
 ・鼻の仕組み・働き
 ・鼻の検査
 ・鼻の中の形と役割
 ・鼻炎
 ・アレルギー性鼻炎[鼻過敏症]
★サイト内で読まれている記事★
 ・鼻水が止まらない
 ・くしゃみが出る

 ・鼻水が喉(のど)を流れる
 ・鼻詰まり


RSS

喉痛.COM
風邪・喘息などの各病状対策や喉(のど)の気になる症状の対策まとめサイト
nodoita.com

自宅介護.COM
自宅(在宅)介護を楽にするコツを情報まとめサイト
zitakukaigo.com

喘息.COM
風邪(かぜ)・喘息(ぜんそく)などの各病状対策や喘息の気になる症状の対策まとめサイト
nodoita.com/zensoku

歯が痛い.COM
虫歯・歯周病などの各対策や歯が痛い時の対策など情報まとめサイト
hagaita.com
本サイトのご利用について
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・