鼻水.COM
 トップページ > 鼻の病気 > 蓄膿(ちくのう)症 サイトマップ
サイトより皆様へ
鼻の症状

 ・鼻水が止まらない 
 ・くしゃみが出る

 ・鼻水が喉(のど)を流れる
 ・鼻詰まり
 ・鼻血が出る
 ・鼻が痛い
 ・鼻が乾く
 ・においがわからない[嗅覚障害]

鼻の病気
 ・鼻炎
 ・アレルギー性鼻炎[鼻過敏症]
 ・急性副鼻腔炎
 ・慢性副鼻腔炎
 ・鼻茸(はなたけ)
 ・鼻中隔彎曲症
 ・鼻出血
 ・鼻の湿疹・おでき
 ・嗅覚障害
 ・鼻の腫瘍(しゅよう)
 ・花粉症
 ・蓄膿(ちくのう)症
鼻の病気
 ・副鼻腔炎
 ・鼻出血(鼻血)
鼻の基礎知識
 ・鼻の仕組み・働き
 ・鼻の検査
 ・鼻の中の形と役割
鼻の特集
 ・日常生活に潜む嗅覚障害
鼻のマメ知識
 ・鼻が悪くなると目も悪くなる?
 ・膿の袋が眼(視神経)を圧迫!?
 ・咳や痰多い時は鼻が原因!?
 ・その集中力の低下、鼻が原因!?
コラム
 ・鼻毛のはなし・鼻毛の殿様
 ・花粉症のセルフケア7つの方法
 ・親父臭の原因・体臭成分
 ・フェロモンとホルモン
耳鼻咽喉科の基礎知識
 ・喉(のど)の仕組み・働き
 ・喉(のど)の検査
 ・食べ物、空気と声の喉の別れ方
 ・喉頭全摘後のリハビリ
 ・音声検査・音響検査

蓄膿(ちくのう)症B

- 鼻の病気


蓄膿症の手術

 最近の蓄膿症の手術の考え方は、従来のものとは異なり、「副鼻腔の病的な粘膜を保存したまま治癒の方向にもっていく」というものです。蓄膿症が治りにくいのは、副鼻腔の鼻への開口部が狭くなっていることが原因と考えられているので、その開口部を大きく開くことにより、蓄膿症の状態を改善しようという考え方が主流になってきました。
 しかし、肉眼では狭い鼻の中でそのような操作はできません。そこで登場してきたのが内視鏡を用いた鼻内手術の方法です。具体的には、鼻の中に細い管のような内視鏡を入れて、その内視鏡から得られる画像をテレビモニターで見ながら、鼻の中の細かい操作をするやり方で、従来の手術とは異なり鼻の中の操作だけですみます。この手術方法により、副鼻腔の鼻への開口部が広くなり、蓄膿症は治癒へと向かいやすくなるのですが、気をつけなければいけないのは、この手術だけでは副鼻腔の病的な粘膜の状態が完全に良くなるわけではないという事です。手術後は、手術で広げた開口部が狭くならないように十分な鼻内の処置が必要ですし、マクロライド系の抗生物質の内服も必要となります。
 すなわち、内視鏡を用いた鼻内手術と手術後の保存的な治療を組み合わせた方法が、最近の蓄膿症治療の主流となっているのです。

◇「蓄膿(ちくのう)症」に関連する記事一覧◇

鼻水

◆この記事に関連する病気一覧◆

◆他に役に立つおススメ記事◆

★鼻の基礎知識★
 ・鼻の仕組み・働き
 ・鼻の検査
 ・鼻の中の形と役割
 ・鼻炎
 ・アレルギー性鼻炎[鼻過敏症]
★サイト内で読まれている記事★
 ・鼻水が止まらない
 ・くしゃみが出る

 ・鼻水が喉(のど)を流れる
 ・鼻詰まり


RSS

喉痛.COM
風邪・喘息などの各病状対策や喉(のど)の気になる症状の対策まとめサイト
nodoita.com

自宅介護.COM
自宅(在宅)介護を楽にするコツを情報まとめサイト
zitakukaigo.com

喘息.COM
風邪(かぜ)・喘息(ぜんそく)などの各病状対策や喘息の気になる症状の対策まとめサイト
nodoita.com/zensoku

歯が痛い.COM
虫歯・歯周病などの各対策や歯が痛い時の対策など情報まとめサイト
hagaita.com
本サイトのご利用について
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・