アレルギーと鼻水.COM
鼻水 > アレルギー > 喘息アレルギー > 喘息発作の起こる仕組み:気管支が狭くなり、呼吸障害 サイトマップ
サイトより皆様へ
アレルギーと鼻水.COM
 

 ・アレルギーの歴史と現状
 ・アレルギー病の増加要因
 ・アレルギー体質と遺伝性
 ・アレルギー発症の多様性と原因
 ・侵入経路や抗体で異なる原因
 ・アレルギー病の病状の変化
 ・アレルギー体質改善は乳幼児期
 ・アレルギー悪化要因のストレス
 ・アレルギー症状解明の歴史
 ・アレルギーの元の免疫システム
 ・抗原と抗体の補完関係
 ・アレルギーの4種類の仕組み
  @アナフィラキシー型・細胞溶解型
  Aアルサス型・遅延型
 ・IgE(元凶)の生成プロセス
 ・ケミカルメディエーターとは
 ・アレルゲンになりやすい物質
 ・アレルギー病の主な克服法

 

喘息(ゼンソク)アレルギー
 ・喘息(喘息発作)の歴史と現状
 ・喘息発作の原因
 ・喘息発作の起こる仕組み
 ・小児喘息の経過・治癒
 ・成人喘息(高齢者)の経過・治癒
 ・喘息発作は夜中・睡眠中
 ・喘息発作の季節性
 ・自律神経と喘息発作
 ・喘息を悪化させる風邪
 ・喘息を引き起こす誘因(環境)
 ・喘息の抗原(アレルゲン)
 ・喘息アレルゲンの検査法
 ・喘息発作時の対処法
 ・喘息の合併症
 ・喘息アレルゲンの回避法
 ・喘息発作の日常生活予防法
 ・喘息予防には精神鍛錬
 ・減感作療法でアレルゲン原因療法
 ・喘息発作の対症薬と使い方
 ・副腎皮質ホルモンと副作用
 ・喘息治療方法の歴史と現状
 ・喘息発作の予防薬インタール

 

湿疹(アトピー性皮膚炎)・蕁麻疹
 ・アトピー性皮膚炎は大半が男児
 ・アトピー性皮膚炎の成長期別症状
 ・アトピー性皮膚炎の喘息移行
 ・幼児のアトピー性皮膚炎の原因
 ・アトピー性皮膚炎の治療法
  @日常生活でのアレルゲン対応
  A外用薬による対症療法
 ・脂漏性湿疹(乳幼児の湿疹)
 ・接触性皮膚炎(かぶれ)
 ・接触性皮膚炎のアレルゲン
 ・湿疹の痒み止めには冷湿布
 ・湿疹の薬物療法
 ・蕁麻疹の原因となる食品
 ・慢性蕁麻疹の原因(寒さ暑さ)
 ・ストロフルス(乳幼児の蕁麻疹)
 ・湿疹・蕁麻疹に効く温泉

 

アレルギーのマメ知識
 ・アレルギーと東京オリンピック
 ・造花と蕁麻疹(じんましん)
 ・アレルギーと低血糖
 ・アレルギー(Allergie)の語源
 ・ケミカルメディエーターの本来の機能
 ・アレルギー体質者はIgE抗体多い

アレルギーと鼻水.COM
 

薬物療法について
 @抗ヒスタミン薬>>効果や副作用
 A第二世代抗ヒスタミン薬
 B抗ロイコトリエン・抗トロンボキサン薬
 C遊離抑制薬
 D鼻噴霧用ステロイド薬
   >>副作用や注意点
   >>副作用の少ない鼻粘膜薬
 E点鼻薬・点眼薬
   >>市販の点鼻薬/
目薬の効果
   >>点鼻薬の使用継続と効果
減感作療法(免疫療法)
 ・期間と内容・効果副作用
 ・併用が効果的な薬物
 @治療メカニズム
 Aスギ抗原エキス
 B療法の効果  C標準化エキス
手術療法

 @鼻粘膜切除と鼻中隔彎曲矯正
 A鼻の粘膜レーザー治療
   >>レーザー治療や電気凝固

喘息発作の起こる仕組み:気管支が狭くなり、呼吸障害から発作が起こる

- 喘息(ゼンソク)アレルギー

 

喘息発作は、息の通り道である気管支が狭くなって起こります。特に息を吐くことがうまくできないので苦しくなります。

 喘息(ゼンソク)は、咳(セキ)が激しく出るものと考える人が多いです。しかしながら、咳(セキ)は喘息発作に必ず伴なうものではありません。喘息発作の一番大きな特徴は、呼吸困難です。普段は特に何でもない人が、突然苦しそうな呼吸を始めて、呼吸のためにヒューヒューゼーゼーという喘鳴(ゼンメイ)を伴ないます。はた目にも大変苦しそうですが、発作がおさまると本人はケロリと元気になります。この「苦しそうな呼吸」と「ケロリと元気になる」点が、喘息(ゼンソク)の特徴的な症状です。
 突然の呼吸困難は、息の通り道である気道や肺の中に迷路のようにくまなく張り巡らされた気管支が狭くなって起こります。肺は胸にある一対の袋と考えがちですが、それは外見だけのことです。実際は多数の細い気管支や肺胞(ハイホウ)という小さな袋の集まりです。ここで、呼吸によって取り込まれた二酸化炭素が交換されます。新鮮な酸素をたっぷりと仕込んだ血液は、まず心臓に運び込まれ、心臓から動脈に送り込まれて全身に酸素を供給します。ところが、喘息発作のときには、まずこの気管支が狭くなります。アレルギーの場合には、ヒスタミンやSRS-Aなどのケミカルメディエーター(化学伝達物質)が抗原(アレルゲン)と接触してから数十分以内に気管支を狭くします。

気管支

 実際には、発作のとき、気管支は次のような仕組みで狭くなっています。@気管支の周囲は、筋肉によって輪のように取り囲まれています。この筋肉がギュッと収縮して、気管支を狭くします。A気管支の粘膜が腫れあがり、そのために気管支の穴が細くなります。B粘液の分泌(ブンピツ)が異常に多くなります。しかも、この粘液は非常に濃くネバネバしているため、ときには気管支に詰まり、ふたのようになってしまいます。
 こうして、気管支が狭くなると、息の出入りが上手く行われなくなり、同時に狭い道を空気が出入りする際、苦しそうな音を出すわけです。そのうえ、喘息発作が非常に苦しいのには、もうひとつ理由があります。息を吐くことが上手くできなくなるのです。そのうえ、喘息発作が非常に苦しいのには、もう一つ理由があるのです。息を吐くことが上手くできなくなるという症状です。私たちが普段、呼吸をしているときに、吐く息と吸う息の量はだいたいバランスがとれています。ところが、気管支が狭くなったり、詰まったりすると、どうにか息を吸い込むことはできても、息を吐き出すことが上手くできなくなり、肺の中に少しずつ空気が溜まってきます。これを「残気(ザンキ)」と言います。残気は、ガス交換(酸素と二酸化炭素の交換)には使うことができないため、酸素不足に苦しむ身体は、必死になって呼吸しようとします。そこで、呼吸はますます苦しくなり、ときには残気と吸気で限度以上に肺胞(ハイホウ)が膨らみ、はち切れてしまうことさえあります。これが肺気腫(ハイキシュ)とか気胸(キキョウ)とか言われる合併症です。

≫次のページ「小児ぜんそくの経過・治癒傾向:12歳までに90%が軽快」へ

◇「喘息(ゼンソク)アレルギー」の記事一覧◇


☆花粉症の基礎知識☆
◆花粉症の検査方法◆
 @皮膚テスト A鼻誘発反応
 Bヒスタミン遊離反応
 Cラスト(RAST)法 
 Dヒスタミン感受性試験

◆花粉症の診断・検査のマメ知識◆
 ・花粉症診断の重要性
 ・花粉症の簡単な判別方法
 ・花粉症検査の副作用
 ・耳鼻科内の花粉症専門医院
 ・病院へ行った際の注意事項

◆他の病気と花粉症◆
 ・幼児のアトピーと花粉症
 ・乳児の鼻水が酷さと花粉症
 ・アレルギー性鼻炎と花粉症
 ・喘息と花粉症
 ・シーズン外の咳発作と花粉症
 ☆耳鼻咽喉科の基礎知識☆
◆鼻の症状◆
 ・鼻水が止まらない 
 ・くしゃみが出る

 ・鼻水が喉(のど)を流れる
 ・鼻詰まり ・鼻が乾く
 ・鼻血が出る  ・鼻が痛い
 ・においがわからない[嗅覚障害]


◆鼻の基礎知識◆
 ・鼻の仕組み・働き ・鼻の検査
 ・鼻の中の形と役割
 ・鼻粘膜の防御の仕組み

◆喉(ノド)の基礎知識◆

 ・喉(のど)の仕組み・働き
 ・喉(のど)の検査
 ・食べ物、空気と声の喉の別れ方
 ・喉頭全摘後のリハビリ
 ・音声検査・音響検査

RSS

喉が痛い
風邪・喘息などの各病状対策や喉(のど)の気になる症状の対策まとめサイト
nodoita.com

自宅・在宅介護
自宅(在宅)介護を楽にするコツを情報まとめサイト
zitakukaigo.com

喘息(ぜんそく)
風邪(かぜ)・喘息(ぜんそく)などの各病状対策や喘息の気になる症状の対策まとめサイト
nodoita.com/zensoku

歯が痛い(虫歯)
虫歯・歯周病などの各対策や歯が痛い時の対策など情報まとめサイト
hagaita.com
本サイトのご利用について
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・