アレルギーと鼻水.COM
鼻水 > アレルギー > 喘息アレルギー > 喘息発作の日常生活予防法:喘息発作の原因は日常に サイトマップ
サイトより皆様へ
アレルギーと鼻水.COM
 

 ・アレルギーの歴史と現状
 ・アレルギー病の増加要因
 ・アレルギー体質と遺伝性
 ・アレルギー発症の多様性と原因
 ・侵入経路や抗体で異なる原因
 ・アレルギー病の病状の変化
 ・アレルギー体質改善は乳幼児期
 ・アレルギー悪化要因のストレス
 ・アレルギー症状解明の歴史
 ・アレルギーの元の免疫システム
 ・抗原と抗体の補完関係
 ・アレルギーの4種類の仕組み
  @アナフィラキシー型・細胞溶解型
  Aアルサス型・遅延型
 ・IgE(元凶)の生成プロセス
 ・ケミカルメディエーターとは
 ・アレルゲンになりやすい物質
 ・アレルギー病の主な克服法

 

喘息(ゼンソク)アレルギー
 ・喘息(喘息発作)の歴史と現状
 ・喘息発作の原因
 ・喘息発作の起こる仕組み
 ・小児喘息の経過・治癒
 ・成人喘息(高齢者)の経過・治癒
 ・喘息発作は夜中・睡眠中
 ・喘息発作の季節性
 ・自律神経と喘息発作
 ・喘息を悪化させる風邪
 ・喘息を引き起こす誘因(環境)
 ・喘息の抗原(アレルゲン)
 ・喘息アレルゲンの検査法
 ・喘息発作時の対処法
 ・喘息の合併症
 ・喘息アレルゲンの回避法
 ・喘息発作の日常生活予防法
 ・喘息予防には精神鍛錬
 ・減感作療法でアレルゲン原因療法
 ・喘息発作の対症薬と使い方
 ・副腎皮質ホルモンと副作用
 ・喘息治療方法の歴史と現状
 ・喘息発作の予防薬インタール

 

湿疹(アトピー性皮膚炎)・蕁麻疹
 ・アトピー性皮膚炎は大半が男児
 ・アトピー性皮膚炎の成長期別症状
 ・アトピー性皮膚炎の喘息移行
 ・幼児のアトピー性皮膚炎の原因
 ・アトピー性皮膚炎の治療法
  @日常生活でのアレルゲン対応
  A外用薬による対症療法
 ・脂漏性湿疹(乳幼児の湿疹)
 ・接触性皮膚炎(かぶれ)
 ・接触性皮膚炎のアレルゲン
 ・湿疹の痒み止めには冷湿布
 ・湿疹の薬物療法
 ・蕁麻疹の原因となる食品
 ・慢性蕁麻疹の原因(寒さ暑さ)
 ・ストロフルス(乳幼児の蕁麻疹)
 ・湿疹・蕁麻疹に効く温泉

 

アレルギーのマメ知識
 ・アレルギーと東京オリンピック
 ・造花と蕁麻疹(じんましん)
 ・アレルギーと低血糖
 ・アレルギー(Allergie)の語源
 ・ケミカルメディエーターの本来の機能
 ・アレルギー体質者はIgE抗体多い

アレルギーと鼻水.COM
 

薬物療法について
 @抗ヒスタミン薬>>効果や副作用
 A第二世代抗ヒスタミン薬
 B抗ロイコトリエン・抗トロンボキサン薬
 C遊離抑制薬
 D鼻噴霧用ステロイド薬
   >>副作用や注意点
   >>副作用の少ない鼻粘膜薬
 E点鼻薬・点眼薬
   >>市販の点鼻薬/
目薬の効果
   >>点鼻薬の使用継続と効果
減感作療法(免疫療法)
 ・期間と内容・効果副作用
 ・併用が効果的な薬物
 @治療メカニズム
 Aスギ抗原エキス
 B療法の効果  C標準化エキス
手術療法

 @鼻粘膜切除と鼻中隔彎曲矯正
 A鼻の粘膜レーザー治療
   >>レーザー治療や電気凝固

喘息発作の日常生活予防法:喘息発作の原因は日常にあり、予防法も生活の中に

- 喘息(ゼンソク)アレルギー

喘息発作の日常生活予防法:喘息発作の原因は日常にあり、予防法も生活の中に

喘息発作の原因は日常生活に多く潜んでおり、予防法や対策もまた生活の中で行うと効果的です。食事は腹八分目で、過労・過度のストレスを避けて、禁煙を守りたいです

 喘息(ゼンソク)の発作は、抗原(アレルゲン)との接触によって起こります。しかしながら、喘息発作の誘因を見てもわかるように、喘息発作を引き起こす引き金は、日常生活のいたるところに存在しているのです。こうした喘息発作の芽を、ひとつひとつ丁寧に摘み取っていくことは大切な治療法です。家庭内ではもちろん、仕事場や外出先でも、喘息(ゼンソク)の人にとっては、ちょっとした心配りが喘息発作を抑えることにつながるのを忘れないでください。では、具体的にどうすればよいのか、日常生活での注意点をあげていきましょう。

食事

 抗原(アレルゲン)である食物をさけることが対策となるでしょう。さらに、ほうれん草のようにヒスタミンと似た成分を含むことがあるので、こうした食品はなるべく避けた方がよいでしょう。また、過食も喘息発作を誘発しやすいので、腹八分目が原則です。外食でも食べすぎは禁物です。また、便通を整えることも重要でしょう。

寝具

 ソバガラの枕、羽毛枕、羽毛布団、絹の表地の布団、羊毛布団、真綿などは抗原(アレルゲン)になりやすいので、パンヤの枕や木綿、化学繊維の布団にします。

酒・喫煙(タバコ)

 酒については、飲酒(深酒)で喘息発作が起こるという人もいれば、調子がよくなるという人もいます。しかしながら、酒を飲めるのは、もともと身体の調子が良いときなのであって、基本的に飲酒(深酒)はアレルギーには良くない行為です。週に1回ウイスキーの水割りを飲む程度に抑えましょう。
 喫煙(タバコ)に関しては、デリケートな喘息(ゼンソク)の人の気管支を刺激して、喘息発作を誘発したり、悪化させます。アレルギー対策には、本人はもちろんのこと、できれば家族も禁煙した方が良いでしょう。
 このほかに、喉(ノド)を刺激するという点で、蚊取り線香や化粧品、各種スプレー、殺虫剤なども喘息(ゼンソク)の人の近くでは使用を避けましょう。子どもの場合、花火も喘息発作の原因になりやすいので注意したいものです。

ペット(動物)

 残念ながら、飼っているペットが抗原(アレルゲン)になることもあります。アレルギー患者のペットに向いている動物は、金魚やカメなどです。犬や猫、鳥などの飼育はしばらくは我慢する必要があるでしょう。すでに飼っている場合には、非常につらいとは思いますが、きちんと愛情を持って飼育してくれる人に預けるようにしましょう。

 以上の他に、過労や過度のストレスを避け、体調を整えておくことは喘息(ゼンソク)の発作予防や治癒(チユ)にとっても非常に重要なことです。

≫次のページ「喘息予防には精神鍛錬:心を鍛えて喘息アレルギーの予防・治療の後押しに」へ

◇「喘息(ゼンソク)アレルギー」の記事一覧◇


☆花粉症の基礎知識☆
◆花粉症の検査方法◆
 @皮膚テスト A鼻誘発反応
 Bヒスタミン遊離反応
 Cラスト(RAST)法 
 Dヒスタミン感受性試験

◆花粉症の診断・検査のマメ知識◆
 ・花粉症診断の重要性
 ・花粉症の簡単な判別方法
 ・花粉症検査の副作用
 ・耳鼻科内の花粉症専門医院
 ・病院へ行った際の注意事項

◆他の病気と花粉症◆
 ・幼児のアトピーと花粉症
 ・乳児の鼻水が酷さと花粉症
 ・アレルギー性鼻炎と花粉症
 ・喘息と花粉症
 ・シーズン外の咳発作と花粉症
 ☆耳鼻咽喉科の基礎知識☆
◆鼻の症状◆
 ・鼻水が止まらない 
 ・くしゃみが出る

 ・鼻水が喉(のど)を流れる
 ・鼻詰まり ・鼻が乾く
 ・鼻血が出る  ・鼻が痛い
 ・においがわからない[嗅覚障害]


◆鼻の基礎知識◆
 ・鼻の仕組み・働き ・鼻の検査
 ・鼻の中の形と役割
 ・鼻粘膜の防御の仕組み

◆喉(ノド)の基礎知識◆

 ・喉(のど)の仕組み・働き
 ・喉(のど)の検査
 ・食べ物、空気と声の喉の別れ方
 ・喉頭全摘後のリハビリ
 ・音声検査・音響検査

RSS

喉が痛い
風邪・喘息などの各病状対策や喉(のど)の気になる症状の対策まとめサイト
nodoita.com

自宅・在宅介護
自宅(在宅)介護を楽にするコツを情報まとめサイト
zitakukaigo.com

喘息(ぜんそく)
風邪(かぜ)・喘息(ぜんそく)などの各病状対策や喘息の気になる症状の対策まとめサイト
nodoita.com/zensoku

歯が痛い(虫歯)
虫歯・歯周病などの各対策や歯が痛い時の対策など情報まとめサイト
hagaita.com
本サイトのご利用について
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・